中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国観光ガイドカシュガル観光スポット

都市を選択

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

カシュガル観光スポット

カシュガルの観光スポットについては、次の紹介をご覧ください。人気の観光スポットやカテゴリー別観光スポットでカシュガルの魅力を存分にお届けいたします。

もっと見る自然景観

パミール高原

パミール高原

パミール高原は中国、アフガニスタン、タジクスタンの3カ国にまたがり、アジアの中心に位置して、ヒマラヤ山脈、カラコラム山脈、崑崙山脈、ヒンドークシュ山脈などの大山脈が属している広大な高原です。パミール高原は中国で最古の名前として「不周山」と記載されています。また、かつて山に野生の葱が数多く生えたことと、そして、萌葱色に見える崖があることから漢の時代までは「葱嶺」と呼ばれていました。この「パミール」という名はタジク族の言葉で「世界の屋根」という意味を持っており、まさにその高原の雄大さを表しています。また、古代シルクロードにある関所であり、最も神秘的な地域としてもよく知られていました。現在でも、かつ...

もっと見る宗教・信仰・寺

エイティガールモスク

エイティガールモスク

明の時代、1442年に建造されたエイティガールモスクは中国最西端のカシュガル市のエイティガール広場の西側にあり、新疆ウイグル自治区だけでなく中国国内でも最大のモスクとして機能しています。また、中央アジアにまで大きな影響を持っているモスクの1つと伝えられ、現在では新疆ウイグル族自治区の重要文化財に指定されています。ここは宗教の聖地としてではなく祝日祭典を催す施設としても活用され、エイティガールの名前は「祭日の礼拝堂」という意味を持っています。西に背を向けて東に面する配置で、南北に140m、東西に120m、敷地面積は16800ヘクタールに達し、モスク全体は礼拝堂、教経堂、正殿、外殿、庭、客室、ミナ...

もっと見る陵墓・陵園

アマニサハン(阿曼尼莎汗)記念陵

アマニサハン(阿曼尼莎汗)記念陵

アマニサハン(阿曼尼莎汗)記念陵はカシュガル市の郊外にあり、カシュガル市の重要な観光スポットの一つに指定されています。記念陵は敷地面積1050㎡、高さ22m、陵墓は高さ2m、幅10mの台地に築かれています。陵墓の屋根はアーチ型で、となりにあるモスクと隣接し、その周りには宮殿と国王の陵墓が配置されています。宮殿の周辺を巡る壁には『12マカム』と呼ばれる新疆ウイグル族を代表する民族音楽12曲が刻まれています。アマニサハン記念陵はその巧みな構造と典型的なイスラム建築様式として高く評価されています。 この陵墓は1526年に生まれたアマニサハンという女性のもので、彼女は15世紀のこの地において最も...

もっと見る公園・庭園、動植物園、アミューズメントパーク

金胡楊国家森林公園

金胡楊国家森林公園

金胡楊国家森林公園は新疆ウイグル族自治区澤普県から南西に40km離れ、ゴビ砂漠に囲まれた地点に位置します。ヤールカンド河の水に育まれた沖積平野が周囲の高い山々に囲まれており、美しい景色が広がっています。金胡楊国家森林公園が属する澤普県の「澤普」という言葉は「人々に隔てなく恩恵をもたらす」という意味であり、ウイグル族の言葉から解釈すると「黄金とともに流れる川」という意味になります。これは、ヤールカンド河の畔に生い茂るポプラ(胡楊)の樹木が秋になると綺麗な黄金色に染まり、ヤールカンド河の水面にその景色が美しく映えることが由来となっています。そして現在では、「金胡楊国家森林公園」と名付けられています...

もっと見る古鎮・古城

公主堡

公主堡

公主堡は新疆ウイグル自治区タシュクルガン・タジク自治県にあるタブタ郷から南に10kmほど離れたところに位置する古代城堡です。公主堡がある山の一部では地勢が険しく登ることが困難であるとされており、北はカピス嶺に通じ、海抜は4000mに達しています。かつて、天山山脈の南に位置する重要なシルクロードの関所であったとされています。また、約1200年前の唐の時代の三蔵法師がここを通った時、次のようなロマンチックな物語が伝えられています。 昔、ボリスという国の王が美しい漢民族の皇女をお嫁にもらうことを約束されていました。花嫁である皇女一行を迎えた護衛隊がこの山の麓に辿り着いた時、周辺で戦乱が起こった...

もっと見る民俗郷土景観

クンジェラブ峠

クンジェラブ峠

クンジェラブ峠はカシュガル地区に位置し、タスクルガンタジク自治県から125km離れています。1981年9月に中国とパキスタンと両国政府が協議して正式にクンジェラブ峠(門戸)を開くことになり、1982年8月27日にクンジェラブ峠が初めて中国・パキスタン両国民にも開放する運びとなりました。さらに1986年5月1日には第三国に正式に開放され、国の許可が下りた対外に開かれたAクラスの門戸となりました。クンジェラブ峠はかつて古代シルクロード上に位置していた関所で、西はインド、中東アジア、そしてヨーロッパにまで繋がっています。ここは中国とその周辺の国や地域間の貿易?文化交流を行ってきた場所といえます。 ...

facebook twitter weibo