中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国列車予約中国主な長距離高速鉄道

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

中国主な長距離高速鉄道

中国の主な高速鉄道網はあたかも地図を交差する碁盤の目のようです。主に8本の長距離高速鉄道の路線から成ります。4本の北南HSR線と4本の西東HSR線です。

青島-太原間のHSR以外は、各路線の運行距離は1000キロメートル以上です。2012年に、HSR線の主要なグリッド部分だけで12000キロメートルに達しました。乗客専用のPDLは、最高時速300km/hとなり、乗客と貨物の混合の路線では200-250km/hの時速で運行しています。

4つの主な北南HSR線

北京-上海線

  • 総距離:1318キロメートル
  • 運行時速:310km/h
  • 路線駅:北京南、廊坊、天津南、滄州西、徳州東、済南西、泰安、滕州東、棗庄、徐州東、蚌埠南、定遠、滁州、南京南、鎮江南、丹陽北、常州北、無錫東、昆山南と上海虹橋。

D列車はすべての駅で停車して所要時間12hほどです。大部分のG列車は一部の駅のみ停車で全区間の所要時間は5~6hです。最速のG3は南京南駅のみ停車して全区間所要4時間48分です。

北京–広州–深セン–香港線

距離:2360キロメートル

運行時速:350km/h

世界最大の乗客専用路線であり、北京-石家荘HSR線、石家荘-武漢HSR線、武漢-広州HSR線、広州-深センHSR線、深セン–香港HSR線からなります。この路線が、北南HSR線の主要路線であり、北中国と中部中国、南中国を繋がります。

路線駅:北京西、保定東、石家荘、邯鄲東、鶴壁東、鄭州東、駐馬店西、孝感北、武漢、岳陽東、長沙南、恒山西、衡陽東、莱陽西、チン州西、広州南と深セン北。

3本の運行G列車はG71、G79、G81です。

G71は、各駅停車です。G79とG81は、広州南まで一部の駅のみ停車です。北京-広州間を走る最速のG79は、所要時間8時間であり、石家荘、鄭州東、武漢、長沙南に停車します。

深セン–香港HSR線は建設中ですが、深セン-香港間の在来線があります。香港行きのオンライン時刻検索や予約は、中国国内では利用できません。香港行きの切符は、広州.深セン.香港九龍駅の切符売場でしか購入できません。

香港行きの列車の切符を買うのは面倒ですが弊社は、お客様の切符の購入のため最善を尽くします。お客様は出発日と乗客情報とをメールで送っていただければよろしいです。残りはふれあい中国にお任せ下さい。

北京–ハルビン線

距離:1700キロメートル

運行時速:350km/h

この路線は、北東中国を首都北京とを結びます。この路線には、2本の支線があり、瀋陽-大連線と盤錦-営口線です。

路線駅:北京、唐山北、北戴河、山海関、綏中北、錦州南、瀋陽北、鉄嶺西、開遠西、四平東、長春西、双城北、ハルビン西。

D25は各駅停車で、所要時間8時間12分です。他の3本の列車はD29、D101、D27で、所要時間は7時間50分でです。

杭州–福州–深セン線

距離:1600キロメートル

この路線は、杭州–寧波HSR線、寧波–台州–温州HSR線、温州–福州HSR線、福州–厦門HSR線と廈門–深センHSR線からなります。揚子江デルタと珠江デルタを連結します。

杭州–寧波の区間は乗客列車での運行時速350km/hで、貨物との混合列車だと250km/hで運行します。

路線駅:杭州東、上虞北北、寧波東、寧海、臨海、泰州、温嶺、雁蕩山、温州南、瑞安、鰲江、蒼南、福鼎、太姥山、霞浦、寧徳、福州南、福清、ホ田、泉州、晋江と厦門北。

D3209は各駅停車で、所要時間は7時間29分です。最速列車であるD3117はの所要時間は6時間53分です。

4本の東-西HSR線

青島-太原線

距離:770キロメートル

運行時速:220-250km/h

青島–太原HSR線は、青島–済南HRS線、済南–石家庄HSR線、石家荘–太原HSR線からなります。現在、最速のG196に乗れば潍坊駅のみ停車で青島から済南まで1時間半で行けます。石家庄から太原までの直行列車G91とD2009の所要時間1時間17分です。

上海–武漢–成都線

距離:1600キロメートル

上海–成都HSR線は、上海–南京HSR線、南京–合肥HSR線、合肥–武漢HSR線、武漢(漢口)–宜昌HSR線、宜昌–万州 HSR線、利川–重慶HSR線、重慶–遂寧HSR線と遂寧–成都HSR線からなります。この路線での平均時速は、カーブの多い宜昌-万州間(160km/h)を除き、200~250km/hです。

利川-重慶HSR線は、上海から宜昌までの旅行や、重慶から成都までの旅行をサポートします。ご都合がよければ、重慶-宜昌間では三峡見物や長江クルーズを楽しむことも可能です。

上海から宜昌までは18の駅があります。上海虹橋、昆山南、蘇州、無錫、常州、丹陽、鎮江、南京南、全椒、合肥、六安、金寨、麻城北、漢口(武漢)、天門南、潜江、荊州と宜昌東です。

2本の高速列車が毎日、上海-宜昌間で運行しています。D3072(各駅停車で所要時間8時間15分)とD3006(13の駅に停車し所要時間7時間48分)です。

2時間以内で、重慶から成都まで行けます。この路線では、1~2時間の間隔で17の高速列車が運行しています。

徐州–蘭州(一部区間工事中)

距離:1400キロメートル

鄭州-西安のみ運行中であり、残りは工事中です。徐州-鄭州間は2016年12月に、西安–宝鶏間と宝鶏–蘭州間が2017年に開通予定です。

26本のGとD列車が、1時間おきに発車しています。最速の直通列車G97は鄭州-西安間を2時間で行けます。他のG列車とD列車の所要時間は2時間半から3時間です。

上海–昆明(一部区間工事中)

距離:2080キロメートル

運行時速:350km/h

上海–昆明HSR線は、上海-杭州、杭州–長沙線区間で現在運行中です。長沙–昆明線は2017年に開通予定です。この路線が完成すると、東中国と中部中国と南西中国を繋げることができます。

66本のGとD列車は、10分~1時間の間隔で毎日、上海-杭州間を運行しています。 最速のG電車での所要時間は47分です。

都市間新幹線(城際新幹線)

地域間インターシティHSRは、都市間や同じ州間を繋ぐ乗客専用の近距離高速列車の路線です。この路線は、国のHSRグリッドとは独立して設置されており、平均時速200~250km/h、最高時速300km/hで運行しています。現在利用可能な都市間のHSR路線の一覧を下に記載しております。

 

HSR線 距離 時速 運行時間
北京-天津

115km 350km/h 33分
上海-南京 301km 350km/h 1時間35分
広州-深セン 102km 300km/h 35分
広州-珠海 117km 200km/h 59分
南京-杭州 251km 350km/h 1時間35分
長春-吉林 111km 250km/h 40分
成都-都江堰 65km 220km/h 35分
海南東線 308km 250km/h 1時間34分

リニアモーターカー路線(磁気浮上式高速鉄道)

上海のリニアモーターカー路線は、世界初の商用磁気浮上式高速鉄道の路線です。 上海市役所によって運営されています。中国の他の全ての高速列車は、中国鉄路総公司によって運営されています。

上海のリニアモーターカー(2004年から運行開始)は、最大時速431km/hを誇ります。15~20分の間隔で、上海浦東国際空港と上海の竜陽路駅間を走ります。約8分の運行時間で、片道切符は50元です。