中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国観光ガイド開平観光スポット広東開平碉楼と村落

開平の情報

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

広東開平碉楼と村落

観光スポット紹介

   開平の碉楼は広東省開平市の海外華僑の独特な民間建造物です。明代の後期から表れ、華僑文化の発展に伴い20世紀初頭に繁栄した面影を残っています。中国と西洋の建築芸術が一体となった華僑の郷土建造物群であり、現存しているものは1833と数えられます。 


   碉楼の最大な特色は天井の装飾芸術であり、世界各地に分布している華僑の滞在国の建築物の風格を採り入れ、中国の建造物の伝統に調和し設計、建造したものであり、風格もそれぞれ異なります。中国古代築造物の頂上式、中国と西洋の特色を取り入れた庭園式、別荘式、古代ローマ式、アラブ式、アメリカ式、イギリス式、ドイツのとりで式、教会式など約10種あります。現存する開平の碉楼は、泥でつくった望楼、れんが構造の碉楼、鉄筋とコンクリートの碉楼に分けられます。開平の碉楼は世界各国の建築芸術の集大成としてよく知られ、華僑の故郷の文化の先見性と革新性を示すものであり、中国の農村建築史上の奇跡とも言えます。そのため、開平市は「近代建築博物館」とも呼ばれています。

                                           

   開平の碉楼は主に盗賊からの襲撃や浸水を防ぐ目的と居住の目的があり、その独特な歴史文化の芸術と学術的価値によって内外で注目されています。



開平の関連ツアー

facebook twitter weibo