中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国観光ガイド天津観光スポット清東陵

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

清東陵

観光スポット紹介

   清東陵は全国の重要文化保護財に属して、中国の最後の王朝の最も重要な帝王の皇后と妃嬪の陵墓の群で、中国が規模に現存して、体系の最も完備している古い帝の陵の建物である。共同建設して皇の陵の五つ:順治帝の孝陵、康煕帝の景陵、乾隆帝の陵、咸豊帝の定陵、同治帝の恵陵があって、および東(慈安)、西(慈禧)の皇太后などの後で丘陵の4基、妃園の5基、姫の丘陵の1基、計は14人の皇后と136人の妃やそれに次ぐ者を埋葬する。
  清東陵は河北省唐山市の遵化市境に位置して、西は北京市区の125キロメートルまで、聞くところによると順治がこの猟をする時選定したようだ。康煕帝の年代から修築する。丘陵区の南北の長い125キロメートル、幅の20キロメートル、ぐるりと山を巡って、真南のたばこが煮込んで、天台の二つの山は対峙して、形戌の幅の50メートルだけの谷の入口、俗称の竜門口である。
   清東陵はひとつの貴重な風水のよい土地である。北にした昌瑞の山があった後に錦屏の青緑色の帳簿のように、南にフルーレンの金星の山がある。真ん中に文机をして任せて従うことができる影の壁山があって、東に山をあお向けてもし蒼竜がぐるぐる巻いて、西に黄色の花があった山は白虎のようです堂々と占めている

facebook twitter weibo