中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国観光ガイド成都観光スポット四川省パンダ生息地

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

四川省パンダ生息地

観光スポット紹介

  四川パンダ生息地は主に大渡河と岷山を挟まれた間、成都平原と靑蔵高原の間の邛崃山脈に位置しています。東西40~70キロ、成都、雅安、アバ、甘孜州4つの市と12つの県に分布されています。当範囲には7つの自然保護区と9つの風景名勝区は次の通りです。【自然保護区】臥龍自然保護区、草坡自然保護区、蜂桶寨自然保護区、喇叭河自然保護区、大風頂自然保護区、金湯・孔玉自然保護区、黒水河自然保護区 【風景名勝区】四姑娘山風景名勝区、米亜羅風景名勝区、夾金山風景名勝区、二郎山風景名勝区、霊鷲山・大雪峰風景名勝区、西嶺雪山風景名勝区、青城山・都江堰風景名勝区、天台山風景名勝区、鶏冠山・九龍溝風景名勝区
    2006年7月に世界自然遺産として認定された野生のジャイアントパンダ生息地は「臥龍・四姑娘山・夾金山」を含み、9245平方キロメートルあります。現在世界の30%の野生のジャイアントパンダそこに生息しており、世界で最も大きく完璧されたジャイアントパンダの生息地と言えます。

 臥龍自然保護区はアバ州分ブン川県にあり、成都市内から約120キロ、都江堰から50キロ余り離れています。臥龍は邛崃山脈の東麓、靑蔵高原から四川盆地への遷移地帯の高山峽谷にあり、5000メートル以上の高い山が101座で、中では四姑娘山の峰が一番高く、海抜は6250メートルもあります。臥龍は高所で湿潤なところにあり、パンダの主食であるヤダケや樺桔竹の生長に適していて、パンダが生息するのに理想的な場所です。

 四姑娘山は邛崃山脈に属し、秀峰の幺妹峰の海抜は6240メートルあります。四姑娘山は周囲に繋がっている雪峰からなり、一年中雪に覆われ、恰も美しい白い洋服を来た四人の仙女が群山の中にあることから、四姑娘山と名付けられたのです。四つの峰の海抜はそれぞれ大姐山峰5355メートル、二姐山峰5454メートル、三姐山峰5644メートル、四姐山峰6250メートルあります。その他、婆繆山5413メートル、巴朗山唖口海抜4487メートルあります。四姑娘山は三つの溝「長坪溝、双橋溝、海子溝」からなっています。

 夾金山脈には現在野生のジャイアントパンダ約240頭いて、四川のパンダ数の四分の一を占めています。1955年から雅安市夾金山脈地区は国家に提供した生きているパンダの数は全国転用する野生ジャイアントパンダ数の46%、中国が外国に贈った「国礼」パンダ数の78%を占め、国際で一番大きいパンダの提供地です。夾金山脈ジャイアントパンダ生息地ではパンダ以外、絶滅危惧種に指定されているレッサーパンダ、ユキヒョウ、ウンピョウなどの貴重な動物も暮らしています。また、この一帯は豊かな森林地帯で、5000~6000種の植物が自生し、6430万~180万年前の第三紀(地質時代)の熱帯雨林によく似た植物相となっていることから、植物学的な関心も集めている地域です。

facebook twitter weibo