中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国観光ガイド大理観光スポット崇聖寺三塔

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

崇聖寺三塔

観光スポット紹介

 三塔は9世紀、南詔国末期の仏塔だ。大理の城外約1キロに位 置し、大理古文化の象徴として、大理名勝の一つとなっている。とくに、池の水面に投影された揺れ動く三塔は美しい。中央のものは唐時代の893年に建てられ、方形16層、69mの高さを誇り、西安の小雁塔に似ている。南北の2塔は八角形10層、42mで、大理国の時代に建てられたものだ。三塔ともレンガでできているが、1100年余りの間の度重なる地震にも耐えた高度なレベルの建築様式だ。主塔が前(洱海側)に、残りの二塔が後ろ(蒼山)に建っている。 
いままで何度となく修理が行われてきたが、その度に多くの文物が発見されている。1978-1981年の修理では、塔頂、塔基などから680余りの各種文物が発見された。特徴的なのは観音像で、三塔から出土した50件あまりの観音像の三分の一は男の観音像であった。