中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国観光ガイドラサ観光スポットガンデン寺(甘丹寺)

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

ガンデン寺(甘丹寺)

観光スポット紹介

ガンデン寺はラサ市タクツェ(達孜)県内にある標高3,800mのワンブル山(旺波日山)に位置し、ゲルク派(黄教)六大僧院の中でも歴史的に古く重要な寺院とされています。1409年にチベット仏教の創始者ツォンカパによって創建され、ゲルク派の総本山として当時政治的権力を保っており、セラ、デプン、タシルンポと合わせて「四大寺」と称されています。また、ツォンカパの法座を継承する歴代ゲルク派教主(ガンデン・ティパ)もこの地に居住していました。
寺院内には歴代ガンデン・ティパの霊塔が90基以上あり、明の時代からの文物や装飾品も保存されています。また、1757年に清朝皇帝・乾隆に賜った金銀宝石や漢族、満州族、モンゴル族、藏族の四言語を書かれた甲冑、泥金で書かれた蔵文「大藏経」の中の全冊「甘珠爾」仏経、十六羅漢と四天王など組み立てられた24幅の緙絲タンカ(仏画)など明清時代における中国中央政府とチベットの交流を展示する文物が数多く保存されています。