中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国観光林芝(ニンティ)地区

都市を選択

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!
林芝(ニンティ)地区

林芝(ニンティ)地区観光

ニンティは中国語で「林芝」と表記し、チベット語で「太陽の宝座」という意味があり、かつてはコンポ(工布)と呼ばれていました。世界で最も深い峡谷・ヤルザンブ大峡谷が特に有名です。チベット自治区の東南部、ラサから東に約420km離れており、東北部は雲南省、南部はインド、ミャンマー両国と接しています。二ンティ政府の所在地は八一鎮にあり、政治・経済・文化・交通の中心として7つの県を管轄しています。総面積は12万km²、総人口は約14万人、大部分はチベット族ですが漢民族やメンバ族、ロッバ族の人々もこの地に居住しています。

ニンティはヤルツァンボ(雅魯藏布)川の下流、ニャン河の北に位置し、ヒマラヤ(喜馬拉雅)山脈、ニェンチェンタングラ(念青唐古拉)山脈、横断山脈の懐に抱かれています。平均海抜は3100m、最も低い所でも海抜900mはあります。気候は温暖で雨に恵まれ、夏暑すぎず、冬寒すぎず、年間平均気温は8.7℃です。夏になると氷河が生き生きとした緑の森林をより一層引き立て、一面真っ青な湖の水面には雪山が映りこみ、空には雲海が広がっています。気候的に潤いに溢れ、景色が美しく、熱帯、亜熱帯、温帯、寒帯の複数の気候が併存する雪山と森の世界の自然環境を形成しています。チベットの他の地区と異なり温暖、湿潤であることから「チベットの江南」といわれています。
昔から交通が不便で人間が足を踏み入れていない場所として自然が自然のまま保存されており、「天然の自然博物館」、「緑の自然の遺伝子バンク」と讃えられています。現在でも豊富な林木資源と峡谷資源があり、野生動植物の種類も豊富で、観光や研究、探検の聖地として、世界中の多くの観光客をその魅力で引きつけています。
ニンティは古くから受け継がれてきた伝統文化や純朴な民俗と宗教、数多くの人文景観など独特の民族文化が残っており、伝説や風俗、トーテム崇拝、宗教神話など原始的且つ神秘的な特色を表現し、宗教寺院なども点在しています。また、周囲にはヤルザンブ(雅魯蔵布)大峡谷、パソンツオ(巴松錯)湖、ナムチャバルワ(南迦巴瓦)峰、察隅、波密などの雄大な自然景観があります。

林芝(ニンティ)地区観光スポット

ナムチャバルワ峰(南迦巴瓦峰)

ナムチャバルワ峰(南迦巴瓦峰)

雑誌「中国国家地理」に選ばれた中国一美しい峰であるナムチャバルワ(南迦巴瓦)峰はメトク(墨脱)県内に位置し、チベットニンティ地区での一番高い山で、標高7,782m、高さは世界高峰ランキングの第15位になります。ナムチャバルワ峰の巨大の三角形の頂上には年中雪を頂き、雲と霧が覆われ、簡単に真の姿が現れない様子から、「羞女峰」(恥ずかしがりの女の子の意味)とも名付けられました。「ナムチャバルワ」はチベット語では「燃えるような雷電」「空から落ちた石」「空に突き刺す長い矛」など幾つの意味もあります。 ナ...