中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国観光ガイド赤峰観光スポット

都市を選択

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

赤峰観光スポット

赤峰の観光スポットについては、次の紹介をご覧ください。人気の観光スポットやカテゴリー別観光スポットで赤峰の魅力を存分にお届けいたします。

もっと見る自然景観

貢格尓草原

貢格尓草原

貢格尓草原は赤峰市の克什克騰旗の北東部に位置しており、自然や人文、民族風情、名勝旧跡、草原文化などを一体化させた独特な特色を持つ観光地です。観光地は巴顔敖包(アオボウ)赤革の杉林(トウヒ)の景観と達里湖のなどから構成されています。巴顔敖包(アオボウ)赤革の杉林(トウヒ)の景観地は貢格尓草原も北東部にあり、世界でも珍しい砂地にある赤革のトウヒ林となっています。1981年に世界の自然遺産に登録されました。トウヒの形は上が小さくて下が大きいことから塔のように見え見事な形を見せてくれます。ここでは冬になるとスキーや狩猟などができるし、夏になると魚釣りや水泳なども出来ます。即ち草原と森林を武器に...

もっと見る宗教・信仰・寺

梵宗寺

梵宗寺

梵宗寺は赤峰市の翁牛特旗烏丹鎮から北西に4キロほど離れた所に位置しています。この地方における最も完璧に放存された古代建築群だと言われています。かつて翁牛特旗烏丹鎮におけるラマ教に関する事務を所管する総本山として機能されたことがありました。「北大廟」とも呼ばれる梵宗寺は清の乾隆8年(1743年)に建築を始めて20年近くの年月を費やして建てたものです。「梵宗寺」という名前は乾隆皇帝から授けられたものだったということです。寺院全体は漢族の建築様式に工夫されたチベットのラマ教の寺院です。寺院は山の斜面の勾配に従い、北から南にかけて配置されたものであり、順次に山門、本殿、東西にある副殿、関帝廟、...

もっと見る公園・庭園、動植物園、アミューズメントパーク

馬鞍山国家森林公園

馬鞍山国家森林公園

馬鞍山国家森林公園は内モンゴル自治区の赤峰市の喀喇沁旗錦山鎮から南東に5キロほど離れたところに位置しています。もともと喀喇沁の王府の家族が祭祀活動を行う祠として機能していました。総面積が延べ24万平方キロメートルに達する馬鞍山国家森林公園は昔の遼の時代に「馬盂山」とも呼ばれており、「塞外のミニ黄山」と称されています。1993年に国の林業部に国家森林公園に指定されることになりました。現在、地元の観光の目玉商品として開発され、観光客の人気を博しています。  馬鞍山国家森林公園は森林がうっそうと生い茂り、閑静な環境に恵まれています。古い松の木、険しい峰、雲海、泉が公...

もっと見る岩石・洞窟

花崗岩石林

花崗岩石林

花崗岩石林は阿斯哈図石林とも呼ばれ、内モンゴル自治区の赤峰市の克什克騰旗の東北部に位置しています。大興安嶺山脈の南の部分にあたる北大山中に広く分布しています。「阿斯哈図」とは険しい岩石という意味です。石林は一つの観光区域として南北5、5キロで、東西3キロの広い範囲に広がり、敷地面積が15平方キロメートルにも及び、平均海抜が1700Mほどあります。 花崗岩石林は学者の調査によるとジュラ紀の晩期とされる地球内部から流出したマグマが冷却してできたものだと分析しています。今から約1、5億年から乃至1、8億年の歴史が経過したと考えられます。 ...

もっと見る建造物

梵宗寺

梵宗寺

梵宗寺は赤峰市の翁牛特旗烏丹鎮から北西に4キロほど離れた所に位置しています。この地方における最も完璧に放存された古代建築群だと言われています。かつて翁牛特旗烏丹鎮におけるラマ教に関する事務を所管する総本山として機能されたことがありました。「北大廟」とも呼ばれる梵宗寺は清の乾隆8年(1743年)に建築を始めて20年近くの年月を費やして建てたものです。「梵宗寺」という名前は乾隆皇帝から授けられたものだったということです。寺院全体は漢族の建築様式に工夫されたチベットのラマ教の寺院です。寺院は山の斜面の勾配に従い、北から南にかけて配置されたものであり、順次に山門、本殿、東西にある副殿、関帝廟、...

facebook twitter weibo