中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国観光ガイド 北京 北京の美食

都市を選択

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

北京の美食

北京は世界第八位の「グルメ都市」として名を馳せています。

華北地方の山東料理を主体として、歴代王朝の北京に中国貴族の宮廷料理、北方民族の家庭料理、屋台料理を誇りに持っています。
中国の北方では麦や雑穀が主食で、特に小麦を原料とする餃子や麺類が多いです。

また魚より肉料理が多く、味的には唐辛子や醤油をよく使い、塩味が強くこってりしているのが特徴です。

宮廷料理であったため、手の込んだ見栄えが鮮やかな料理が多いです。
代表的な調理法は揚げる、さっと炒める、油で煎り焼く、長時間煮る、あんかけといったのがあります。

代表的な料理は「北京ダック」、「ジンギスカン」、「羊の鉄板焼き」、「饅頭」、「餃子」などが挙がられます。

  • /FileUpload/UserFiles/Image/MeiShi/yiliangkaoya.jpg

    北京ダック

    北京ダックは「世界一美味」と言われており、北京の代表的な料理です。厳選したダックを使い、こだわりの手法を経てオーブンで焼きます。出来上がりの北京ダックの皮が金色に輝き、サクサクした食感です。 食べ方も特別で、ハッカを使った麺の皮に秘伝...

    詳細へ

  • /FileUpload/userfiles/image/meishi/wKgBs1ZEPgyADTeeAAH0HB159rQ62.jpeg

    豆汁児と焦圏

    「豆汁児と焦圏」は遼、宋の時代から生まれ、北京の歴史がとても長い伝統的なおやつです。しかも清の時代に宮廷まで広がり、庶民ながらの高級的おやつというイメージで人気が高くなっています。 「豆汁児」とは発酵された緑豆のスープのことで、タンパ...

    詳細へ

  • /FileUpload/userfiles/image/meishi/1425978227451.jpg

    炸醤麺

    「炸醤麺」は北京の伝統的な特色グルメの一つで、「菜碼」と「炸醤」を麺と混ぜて食べます。「菜碼」とは、胡瓜や青豆、大豆、もやしの混ぜ物で、「炸醤」とは挽肉や葱、生姜を炒めてから、黄醤(大豆の味噌)と混ぜた味噌です。麺に「炸醤」をかけ、「菜碼」を入れて混ぜたら食べま...

    詳細へ

  • /FileUpload/userfiles/image/meishi/oi.jpg

    炒肝児(肝の炒めもの)

    炒肝児(肝の炒めもの)は北京の伝統的なおやつの一つです。豚の腸を主な原材料として、豚の肝も使い、タレは醤油、黄醤、ニンニク、豚骨スープによって作られています。軟らかい腸と肝、油っこくなく爽やかな食感、濃厚な味で名を馳せています。鼓楼に位置する姚記炒肝はアメリカの副総...

    詳細へ

  • /FileUpload/userfiles/image/meishi/wKgBjE8LrJTkzf-CAAI7WN8TGw015.jpeg

    豌豆黄(エンドウのお餅)

    北京では旧暦の3月3日に豌豆黄を食べる風習があり、春に入ると、町中で売っています。 豌豆黄はエンドウ、砂糖、ナツメを原材料として、エンドウを潰しお水を入れ、1時間半を煮てエンドウスープを作ります。その中にナツメジュースと砂糖を入れて...

    詳細へ

  • /FileUpload/userfiles/image/meishi/re.jpg

    驢打滚(あんこのきび餅)

    驢打滚はきびのお餅の中にあんこを入れて巻き、全体きび粉をつけて食べます。甘くてもちもちしており、木犀の花の香りも付いています。きび粉をつけるのはお餅の水分を守り、もともとの美味しさを保つためです。何回食べても飽きないおやつで人気がとても高くなっています。

    詳細へ

  • /FileUpload/userfiles/image/meishi/10-140G606011ON.jpg

    サンザシの串刺し

    サンザシの串刺しは中国漢族の伝統的なおやつで、北京から中国全国に広がっています。 新鮮なサンザシを串に刺し、水飴をその表に全体にかけます。甘くて酸っぱく、体に非常に優しく、美容にも消化機能にも効きます。 ...

    詳細へ