中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国観光ガイド北京観光スポット

都市を選択

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

北京観光スポット

北京の観光スポットについては、次の紹介をご覧ください。人気の観光スポットやカテゴリー別観光スポットで北京の魅力を存分にお届けいたします。

北京の人気スポット

もっと見る世界遺産

故宮

故宮

 紫禁城とも呼ばれる明王朝と清王朝の王宮。ここで580年に渡って、明、清の24人の皇帝が中国を支配していた。東西750m、南北1km、面積約72万㎡に及ぶ広大な宮殿は、高さ10mの城壁と幅50mの堀に囲まれ、城壁内には大きさそれぞれの部屋が9000室余りあるとも言われ、約100万点に及ぶ貴重な財宝が展示されている。中国の古代建築が完全な形で残され、建物自体が展示の内容となっているのが大きな特色である。  故宮は大きく外朝と内廷に分かれる.外朝は午門より順に太和門、太和殿、中和殿、保和殿を主体にした区域で、東の文華殿と西の武英殿を含み、皇帝が大典などを行う重要な場所であった.太和門をくぐると、...

もっと見る宗教・信仰・寺

孔廟

孔廟

1302年(元の大徳6年)に、時の皇帝フビライが当時被支配民族となっていた漢族の知識階級の人々を懐柔するために築かせたと言われる、古代中国の賢人孔子を祀った廟。2万2000㎡の広さを有し、山東省曲阜の孔廟に次ぐ規模を誇る。  中心の見物である大成殿は明の永楽帝の時代に設けられたものであり、清代にもさらに規模が拡張されている。清の乾隆帝は廟の瓦を本来皇帝用のものとされる瑠璃に葺き替え、孔子の権威を高めたという。元、明、清代の科挙合格者の名を刻んだ石碑など多くの歴史的文物があり、科挙の受験生が筆を洗ったと伝えられる井戸も残されている。

もっと見る陵墓・陵園

明の十三陵

明の十三陵

北京の北西郊外?約50km離れた昌平県寿山麓にある明代皇帝の陵墓群で?第3代成祖永楽帝はじめ13人の皇帝と23人の皇后と一人の貴妃の陵墓が集まる陵区。明十三陵と呼ばれる.総面積40平方キロメートル?陵園部と陵道(神路)に二つに分かれている.1409年に永楽帝の長陵建造を開始してから?1644年の明朝滅亡まで?約200年にわたり造り続けられた。それ以降、天寿山南麓が皇帝の陵区となった。13の陵墓のうち、最大規模を誇るのが永楽帝の長陵であり、これを中心にして他の皇帝の陵墓が左右に並んでいる。このうち第14代万暦帝の定陵が1957年に地下宮殿が発掘され、発見された金銀の副葬品は博物館に展示されている...

もっと見る公園・庭園、動植物園、アミューズメントパーク

円明園

円明園

 円明園は、昔「暢春園」と言われ、明代に万歴帝(14代)の外祖父が「清華園」と名づけた庭園の一角であった。それに煕帝が手を加え(1709年)、さらに雍正帝はここを皇太后の住居とし、特に円明園だけを別に拡張(1725年)、離宮として政務を行ったのが始まりである。その後も乾隆帝も造園を続け、新たに長春園、綺春園が設けられた。  総面積は350万㎡と「イ和園」(「イ」は、巨にオオガイ)より広く、借景技法(他の園内の建物や自然を風景の一つとすること)を凝らした園内には全部で40景の風景があり、その一つ一つに四文字の名称をつけ、額に掲げていた。後に8景増やし48景とするが、眺める人の気持ちがはたらかな...

もっと見る建造物

故宮

故宮

 紫禁城とも呼ばれる明王朝と清王朝の王宮。ここで580年に渡って、明、清の24人の皇帝が中国を支配していた。東西750m、南北1km、面積約72万㎡に及ぶ広大な宮殿は、高さ10mの城壁と幅50mの堀に囲まれ、城壁内には大きさそれぞれの部屋が9000室余りあるとも言われ、約100万点に及ぶ貴重な財宝が展示されている。中国の古代建築が完全な形で残され、建物自体が展示の内容となっているのが大きな特色である。  故宮は大きく外朝と内廷に分かれる.外朝は午門より順に太和門、太和殿、中和殿、保和殿を主体にした区域で、東の文華殿と西の武英殿を含み、皇帝が大典などを行う重要な場所であった.太和門をくぐると、...

もっと見る橋梁、河川・滝・湖沼

盧溝橋

盧溝橋

北京南西20kmの豊台区を流れる永定河に架かる石橋で、1192年(金の明昌3年)に造られた。全長260m、幅7.5m。橋桁は11のアーチで構成され、欄干の上にはそれぞれ異なる姿と大きさの石造りの獅子が500体ほど並んでいる。元代にここを訪れたマルコ?ポーロは『東方見聞録』の中で、「これほど美しい橋は世界どこを探してもほかには見つからないだろう」と述べている。

もっと見る民俗郷土景観

王府井歩行街

王府井歩行街

「東京の銀座」、「パリのシャンゼリゼ通り」と同じ有名な通り、北京最大の繁華街である。王府井は、変貌を遂げつつある現在の北京を象徴するエリア。100年以上も続く老舗など歴史ある店舗が連なるショッピング街、王府井大街には、胡同(フートン)と呼ばれる昔ながらの横町も保存されている。 王府井大街の中心部は新東安市場、その向かい側に地元の人に人気の老舖デパート?北京市百貨大楼、北隣に北京王府井大厦、外文書店が並ぶ。東安門大街の北側には、スポーツ用品専門店の天元利生体育商厦、高級デパート?王府井世都百貨など、デパートやショッピングセンターが集中している.また、ロレックスなどの世界的ブランドを売る時計店、...

facebook twitter weibo