中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ブログ
全体表示
2016年09月20日    中国観光ガイド
夕食後、近くの駱駝山へ散策しました。桂林の駱駝山は七星公園にあります。坐った巨大なふた瘤駱駝にそっくりなので名付けられたのです。春になると山の麓の桃の木が一面に花が咲いて、素晴らしい景色が見えます。あの景色を昔の人が「壺山赤霞」と称えました。高さ30mの小山に「壺山」と「雷酒人之墓」と二箇所の石刻があります。 雷酒人は本名雷鳴春と言い、明の末の有名な儒生です。明は清に滅ぼされた後、清の官吏になりたくないので、江南から桂林に流亡し、駱駝山の麓に庵を結んで、隠居の生活をしました。毎日酒... [詳細へ]
訪問者(480)
コメント(0)
2016年09月18日    その他
夜十二時が過ぎて、家の屋上で十五夜のバーベキューに参加する親戚の人々が相次いで別れの挨拶をして、帰りました。賑やかだった屋上は静まり返って、私が一人ぼっちになりました。月見草の強い香りがどこかから漂ってきました。月が高く登って、雲の邪魔がなくなると、更に明るくなりました。空を仰いで、明るい月は静か、かつ寂しく見えました。 子供の時から、明るい夜に時々月を見ながら、何があるかと色々想像しました。お婆さんは暗いのが大木で、明るい所に一人の仙女と一匹の兎がいると教えてくれました。でも大木... [詳細へ]
訪問者(474)
コメント(0)
朝の10時頃、穿山公園の近くまで散策をした時、抑揚の歌声が聞こえてきました。それに連れられ、公園のあずまやの所に辿りました。数人かの高齢者たちが自分で音楽を伴奏しながら、歌を歌っていました。歌は蒙古族の歌手・ブレンバヤルさんの「天辺」で、草原の景色を描いた聞き良い歌でした。みんなが楽しそうに歌ったムードに影響され、思わず一緒に唄を歌いました。 産児制限の政策で、中国の都会部の家庭はほとんど三世代同居の家族です。定年した人は職場の仕事が終わったとは言いますが、家の家事はまだまだ... [詳細へ]
訪問者(430)
コメント(0)
2016年09月09日    桂林の生活
かつて「自転車王国」と自慢した中国でも自転車に乗る人の姿はだんだん見えなくなってきました。大人気だったバイクも寂しくなりました。その代わりに電気自転車と自動車は流行ってきました。特に電気自転車は値段がそれなりだし、渋滞の心配もないし、一般の中国人が一番よく利用する交通手段となりました。 この間、桂林甲天下広場で電動車のセールスをした時、私も様子を見に行きました。値段は大体3000元から5000元まででした。写真を何枚か撮った後、責任者らしい人に止められました。理由はよくわ... [詳細へ]
訪問者(593)
コメント(1)
2016年09月09日    中国観光ガイド
貴州省黔東南(けんとうなん)の黄平県にて、素晴らしい田園景色が現れました。 秋の季節に、黄平県は金色の稲に満たされています。 青山緑水の中、だんだんと続く棚田は、まるで一枚一枚の絵のようです。 師匠は自然にある、ということでしょう。 貴州省黔東南苗族侗族自治州(ミャオ族トン族自治州)に位置する月の山。月の山の秋の景色も、なかなか美しいですね。 ... [詳細へ]
訪問者(509)
コメント(0)
facebook twitter weibo