中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国観光ガイド敦煌観光スポット

都市を選択

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

敦煌観光スポット

敦煌の観光スポットについては、次の紹介をご覧ください。人気の観光スポットやカテゴリー別観光スポットで敦煌の魅力を存分にお届けいたします。

もっと見る世界遺産

莫高窟

莫高窟

 敦煌の東南30キロ、鳴沙山の東側の絶壁に築かれた石窟群で、窟の数は現存するものが492窟あります。これらの窟は5世紀初頭から約1000年にわたり造営、修復が行われたものです。その様式から判断すると、五胡十六国9、北魏23、西魏2、隋97、唐225、五代34、宋70、西夏25、元7、に時代区分がされます。内部は石質が粗い礫岩であるため四壁と天井を漆喰で塗り、その上全体に壁面を描き、塑造の仏像を安置しています。仏像類は2415尊にのぼり、例外的な石彫を除き鮮明な彩色が施されています。

もっと見る自然景観

鳴沙山と月牙泉

鳴沙山と月牙泉

鳴沙山  市街から南に6キロのところに位置する砂山で、以前は神沙山と呼ばれていました。風が吹くと音をたてるので、鳴沙山と呼ばれるようになりました。鳴沙山はすべて砂が堆積してできたもので、東西に約40キロ、南北に約20キロ広がっています。山腹には風が創り上げた、美しい水波状の砂紋があります。 この砂漠地帯は昼夜の温度差が激しく、日中は砂が焼けて熱くて登ることができません。しかし、朝日や夕日を浴びて金色に輝く風景は、幻想的で美しく、我を忘れて見入ってしまいます。その中を観光用のラクダが列を作って行く姿は、まるで月の砂漠そのものです。 月牙泉  牙泉は鳴沙山の北麓に位置する三日月形の湖で...

もっと見る宗教・信仰・寺

楡林窟

楡林窟

 敦煌から170キロ、車で2時間半の三危山麓、楡林河の両岸にある仏教石窟です。東壁に約30窟、西壁に11窟が現存し、うち29窟に壁画があります。唐、五代、西夏、ウイグル、宋の時代に開掘され、その様式は莫高窟に似ています。ほの暗い窟の中で懐中電灯を当てると、色鮮やかな普賢菩薩が浮かびあがり、一瞬息が止まるような美しさです。

もっと見る陵墓・陵園

魏晋壁画墓

魏晋壁画墓

  1972年、街から北東へ20kmの砂漠で魏晋時代の墓群が発見。2千余りの墓の内13墓が発掘され、8つの墓には壁画が描かれていた。それらは「地下の百科全書」といえるほど、当時の経済、軍事、生活を描き出している。

もっと見る岩石・洞窟

莫高窟

莫高窟

 敦煌の東南30キロ、鳴沙山の東側の絶壁に築かれた石窟群で、窟の数は現存するものが492窟あります。これらの窟は5世紀初頭から約1000年にわたり造営、修復が行われたものです。その様式から判断すると、五胡十六国9、北魏23、西魏2、隋97、唐225、五代34、宋70、西夏25、元7、に時代区分がされます。内部は石質が粗い礫岩であるため四壁と天井を漆喰で塗り、その上全体に壁面を描き、塑造の仏像を安置しています。仏像類は2415尊にのぼり、例外的な石彫を除き鮮明な彩色が施されています。

もっと見る建造物

玉門関

玉門関

 玉門関は、陽関と並び西域・天山南路へ通ずる重要な関門でした。古来より異民族との攻防の地として、漢詩にもよく詠まれています。唐代の詩人・李白の、「漢は下る白登の道。胡は伺う青海の海。由来征戦の地。見ず人の還る・・・」という詩が有名です。玉門関はシルクと玉石の交易の場としても栄えましたが、今は城壁だけが残っています。玉門関を守る屯田兵たちの食物倉庫、河倉故城や漢代長城遺跡と共に、古代シルクロードの盛衰が偲ばれます。

もっと見る橋梁、河川・滝・湖沼

鳴沙山と月牙泉

鳴沙山と月牙泉

鳴沙山  市街から南に6キロのところに位置する砂山で、以前は神沙山と呼ばれていました。風が吹くと音をたてるので、鳴沙山と呼ばれるようになりました。鳴沙山はすべて砂が堆積してできたもので、東西に約40キロ、南北に約20キロ広がっています。山腹には風が創り上げた、美しい水波状の砂紋があります。 この砂漠地帯は昼夜の温度差が激しく、日中は砂が焼けて熱くて登ることができません。しかし、朝日や夕日を浴びて金色に輝く風景は、幻想的で美しく、我を忘れて見入ってしまいます。その中を観光用のラクダが列を作って行く姿は、まるで月の砂漠そのものです。 月牙泉  牙泉は鳴沙山の北麓に位置する三日月形の湖で...

もっと見る民俗郷土景観

玉門関

玉門関

 玉門関は、陽関と並び西域・天山南路へ通ずる重要な関門でした。古来より異民族との攻防の地として、漢詩にもよく詠まれています。唐代の詩人・李白の、「漢は下る白登の道。胡は伺う青海の海。由来征戦の地。見ず人の還る・・・」という詩が有名です。玉門関はシルクと玉石の交易の場としても栄えましたが、今は城壁だけが残っています。玉門関を守る屯田兵たちの食物倉庫、河倉故城や漢代長城遺跡と共に、古代シルクロードの盛衰が偲ばれます。

facebook twitter weibo